留学とは違う楽しさ、厳しさ、学びを得た就職前の海外インターン

更新日2021/06/07

今回のインターン経験は私の今までの留学経験と比べて最も学びの多かった経験だと感じています。
高校・大学と長期の交換留学を経験していたので、今回も生活に対してカルチャーショックを受けるということはありませんでした。しかし海外インターンは交換留学とはまた違った、楽しさ・厳しさ・学びのある経験であると思います。

インターン生データ

インターンシップ先米系コンサルティング企業
国・地域アメリカ・ニューヨーク
期間12週間
プログラムアメリカ短期無給インターンシップ
学年大学4年生

M.W.さんは就職先の内定が決まっている大学4年生。
就職前に海外で働く経験を積みたいということで、海外インターンシップに応募されました!
過去に長期留学も経験していたようですが、今回はどのような経験ができたのでしょうか?

スタッフは全てアメリカ人!とてもチャレンジングな環境でした

ニューヨークの米系企業にて、マーケティング兼オフィスアシスタントとしてインターンをしました。

会社は海外の企業(特に日系企業)がアメリカ市場に進出する事を手助けするコンサルティング会社です。具体的にこの会社はクライアントの商品をアメリカ市場にフィットするか調査をする市場調査、アメリカのマーケットで受けのいいような形に商品を改良する商品の再開発、各州・地域とのバイヤーとの取引、SNSを利用した販売促進、イーコマースサイトを利用した商品の受注発送など、BtoB, BtoC両方を含んだ多岐にわたる仕事を行っている会社です。

社員の人数は少なく、そのため密な関係を築きやすい環境であると思います。一方、多くのクライアントを少ない社員で受け持っているので仕事はかなり熱心に行うことが求められる職場です。社員は全て現地のアメリカ人であり、英語がネイティブではなく日本ですらインターンをしたことのない自分にとってチャレンジングかつ学びの多い環境でした。

ミスをした時の対応方法で多くを学んだ

職場ではビジネスの基本から細かいビジネス用語まで様々なことを学ばせていただきました。
そんな経験の中でも私が最も印象に残った出来事は仕事でミスをしてしまった時のその後の対応について注意されたことでした。

私は当時職場でイーコマースの受注・発送を担当していましたが、発送先を間違えてしまうという痛恨のミスをしてしまいました。そこで私はまずに上司に謝罪をしたのですが、上司が私に言ったことは当時の私にとって意外なものでした。

上司はまず私に対して『謝罪だけをするな』という事を仰り、『ミスをした時は必ず同時に自分なりの解決策を持って報告に来なさい』という事を指摘されました。このようにニューヨークの職場は経験や知識の有無に関わらず、”言われたことに従うだけではなく常に自分の頭で考えて仕事をする”という事が求められます。

ニューヨークで学んだことを今後のキャリアに活かしたい

ニューヨークは世界中から多くの人々がビジネスチャンスを求めやってくる一方、競争がとても過激です。
上司が頻繁に『ニューヨークで勝ち抜くには超金持ちの親を持つか死ぬ気で働くか』や『ニューヨークで勝ち残れるビジネスは世界中どこでも通用する』という事を言っており、それだけ厳しい世界というものを書垣間見ることも出来ました。

今後、私は二か月後に社会人として仕事をするようになるのでニューヨークの職場で学んだことを多分に活かし、キャリアを築いていきたいと思います。

今回の留学ではインターンだけではなく、ホームステイや現地の友達との交流も多く行うことが出来ました。
海外インターンに少しでも興味のある人は自分なりに調べて考えを実行に移してみるのも一つの手だと思います。


センパイが経験したのはこのインターンシップ!

アメリカニューヨーク
渡航型インターン 日本の雑貨をアメリカに広めるマーケティングインターン
業種コンサルティングマーケティング職種マーケティング一般事務

大学4年生、内定獲得後の海外インターンシップ

M.W.さんのように、就職先が内定している大学生の方の海外インターンシップも多くご相談いただきます。
社会人になってからでは何か月も海外に行くことは難しくなるので、学生のうちに海外で働く経験をしておきたい方は、ぜひご相談ください!