海外インターンシップよくあるご質問

大学生の海外インターンシップについてよく聞かれるご質問にお答えします。

どんな人が海外インターンシップに参加しますか?

将来グローバルに活躍したい、海外で働きたい、英語を使って仕事がしたい、外資系やグローバル企業での就職を考えている、という大学生の皆さんが参加しています。就職活動が始まる前の大学2年生~3年生、就職が決まった後の大学4年生が多く、学部や英語力は様々で、それぞれの方のスキルやご希望に合ったインターンシップ先でスキルアップされています。

どれくらいの英語力が必要ですか?

英語力の基準を設けていないものから、ビジネス英語レベルを要するものまで、受け入れ先企業によって様々です。日常会話程度から参加できるインターンシップもありますので、まずはご相談ください。

参加するための条件はありますか?

18歳以上であれば特に条件はありませんが、インターンシップ求人によっては英語力や経験が必要なものもあります。また、渡航型インターンシップの場合は、渡航先や滞在期間によってビザが必要になります。

どんな仕事を任せてもらえますか?

業種によって、様々な仕事に携わることができます。セールス、マーケティング、リサーチ、カスタマーサービス、イベント対応、店舗での顧客対応、などが主な仕事例です。インターン生の積極性で任せてもらえる仕事も変わってきますので、受け身にならず自分から動けば、多くのことが経験できます。

海外インターンシップには面接や選考はありますか?

求人によって異なりますが、書類選考、英語力チェック、オンライン面接を行うことがあります。インターンスタイルのカウンセラーが事前準備やアドバイスをしますので、ご安心ください。採用とならなかった場合は第二希望、第三希望の求人にチャレンジしていただけます。

海外インターンシップは就職に有利になりますか?

海外インターンシップで得られる経験の中には就職活動に有利なものも豊富にあります。企業から評価される点として大きいのは語学力や実戦経験、海外という異質な環境の中でやりきった努力や苦労、精神力です。
ただ単に、海外インターンシップを経験したというだけでは就職に有利になるとは言えませんが、海外インターンシップで何を学んでどんな経験をしたのか、またそれをどうやって社会に出てから活かしていくのかを履歴書や面接で伝えることができれば、有利に働くでしょう。

海外インターンシップ中はどこに滞在しますか?

渡航先によって、ホームステイや間借りステイなどの方法で滞在します。滞在先も弊社で手配できますのでご安心ください。

その他ご質問があれば、お気軽にご相談ください!